• 合宿免許所の入所方法について詳しくお教えします

    合宿免許で免許を取得する場合は、ご自身で自動車学校を見つけて申し込む場合とコンビニなどが扱っている商品に申し込む場合とわかれます。申し込む時に入所日が指定される場合があるので注意が必要です。また合宿費用に関しては事前の期日までに料金を納入しておく必要があります。また入所日に遅刻した場合も入所が認められない場合がありますので、当日は早めに自動車学校に到着しておくことが大切になります。またコンビニの商品で費用を支払う場合は、そのコンビニが発行しているクレジットカードを使用することでポイントが付きますのでポイントを還元することで安く費用を抑える事が出来ます。自動車学校によっては複数のプランが用意されているので、自分にあったプランを選択することが出来ます。

    複数のプランから自分にあったものを選ぶ

    合宿免許を申し込む場合は、ご自身で朝食の有無などを選ぶ事や1人部屋を希望する場合は選択する事が出来る場合があります。宿泊料は教習料に入っていますが、朝食を付ける場合はシングルルームを希望する場合は基本料金に加算される事が多いです。インターネットで申し込む場合はネット割引が適用される場合もあり、友達同士で入所する場合もインターネット割引で2000円程度は割引されるので費用が全体的に安くなる場合が多いです。食事なしで申し込む場合は自分で料理を作ったり、コンビニのお弁当を購入する事になります。ホテルに関しては数日に1回は部屋のクリーニングなどを行う事になるので、自動車学校にいる間に清掃員が部屋に入る事になります。このように複数のプランがありますので、ご自身であったプランを選択する事が出来ます。

    合宿プランの料金は時期によって違います。

    教習費用に関して繁忙期と閑散期の2種類ある自動車学校が多いです。繁忙期は大学生が長期休みになる春休みと夏休みに適用されることがあります。逆に閑散期は6月や10月と11月の連休がない時期に安い教習料が適用されます。安く教習料を抑えたい場合でお時間がある場合は、大学生と時期をずらす事が必要になります。合宿免許の場合はカリキュラムが必要最低限で抑えられているので、予習と復習は教習の空き時間や帰宅後に自分から積極的に行う必要があります。出題される問題は一般的な自動車学校と同様の難しさがあるので、自動車学校から貰える問題集と書店で販売している学科試験の問題集と平行して行うことで、学科試験と免許試験場の試験は合格しやすくなります。必要日数で卒業が出来ない場合は、追加分の教習料が別途必要になります。