• 合宿免許所を利用してお得に免許を取得する方法

    自動車の運転免許を取得しようと思ったら、自動車学校に通う必要があります。自動車学校への通い方は2つの種類があります。自宅や学校、勤務地などから通える範囲の自動車学校に入学して通学していく方法と、自宅から離れた場所にある合宿免許を行っている教習所に入所する方法です。どちらにもそれぞれメリットがありますが、通学方式のメリットは普段の生活を続けながら運転免許取得のための学習ができる点でしょう。それに対して、合宿免許は自宅を離れなければならないので、合宿に出かけている間は普段の生活は維持できません。ただし、通学方式に比べて一番メリットなのが、効率良く無駄無く、また料金も安く取得できる点だと言えるでしょう。まとまった休みが取れる学生などに人気のある免許の取得方法です。

    合宿免許にはこんなメリットがあります

    前述したように、自宅から離れた場所で宿泊をしながら、運転免許取得のための学科教習、技能教習を受けていきます。卒業までの最短日数は、AT車で16日ほど、MT車で18日ほどとなっています。各自動車学校によって卒業までの日数は変わりますが、大きく変動はありません。学科教習と技能教習がうまく組み合わされて、無駄無く免許取得まで導かれるようにカリキュラムが組まれています。通学方式の場合、混雑している時期だと技能教習の予約がなかなか取れないということがありますが、合宿ならそのようなことはありません。また、宿泊費や食費なども自動車学校に支払う金額の中に含まれており、通学方式と比べて費用も安くなっています。技能教習が規定の日数で取れない場合、追加で受けなければなりませんが、その費用も必要無い場合が多いです。

    合宿プランの費用をより安くする技

    通常の旅行などと同じで、混雑する時期は入学時に支払う費用が高くなります。数日違うだけで数万円の差が出ることもあります。特に混雑する時期は、大学生の夏休みと春休みに重なる時期です。費用を節約するには、その時期を外すか、その時期以外は無理であれば、少しでも早い時期に出発するのがおすすめです。また、人気のある自動車学校ですと、早い段階で予約が埋まってしまうために、なるべく早く探し始めるのが得策です。自動車学校によっては、自宅からの往復の交通費を負担してくれるところもありますので、そのような制度のあるところを選ぶとお得です。費用を安く抑えたければ、食事なしで自炊するというプランが用意されているところもありますが、食事はついていた方が結果的に安くなる場合もあります。